バレエの歴史
 
 ダンス メニュー
 トップ
 ダンススクール
 レンタルスタジオ
 ジャンル別検索
 ダンサー
 貸しホール
 ダンスサークル
 大学ダンスサークル
 ダンスチーム
 イベント情報
 ダンス用品・用具
 ダンス音楽(CD)
 ダンスビデオ(DVD)
 ダンス(本)
 ダンスの歴史
 世界のダンス
 DANCE-SITE とは
 インタビュー
 ダンス動画
 ダンサーBBS
 ダンサーBLOG
 ダンス団体
バレエの歴史
 バレエの歴史

ダンス歴史 ⇒ バレエの歴史

バレエの歴史

 
その起源には諸説があるものの、イタリアで生まれ、フランスで育ち、ロシアで発展した、と記憶するのが一番分かりやすい。
ルネッサンス期のイタリアで生まれたバレエは、王侯貴族の宮廷舞踊と変わらないものだった。動きもテクニックも今とは勿論全然違うものだったと言われている。
イタリアのバレエはメヂチ家の娘のカタリーナがフランス王のもとに輿入れするに当たってバレエ好きのカタリーナと共にフランス宮廷で人気となる。続いてルイ14世が自身も踊るような大変なバレエ好きだったために更に発展し、バレエの5つのポジションが確立され、基本が成立した。
1669年にパリ・オペラ座が建設され、1713年オペラ座バレエ学校が設立されるに到り、いよいよプロのダンサーが養成される。
19世紀には、ポアントの技術が既にあったと記されている。
諸説ある中で最も一般的なのは、マリー・タリオーニというバレリーナが「レ・シルフィード」(1832年に初演)の中で妖精として幻想的なポアントを本格的に駆使して踊ったとあることだ。
この作品を始め、ジゼル、パキータ、1870年のコッペリアなどはパリ・オペラ座で発表された作品で、この時代と作品は、ロマンティック・バレエと呼ばれている。
そしてオペラ座に代わり、ロシアにその目覚ましい発展が移行して行く。

1738年には現在も有名なワガノワ・バレエ・アカデミーがロシア初の帝室音楽演劇舞踏学校として設立され、これからおよそ100年後に訪れたマリウス・プティパによって眠れる森の美女、くるみ割人形、白鳥の湖、など歴史にとどろく不朽の名作はこの国で生まれる。マリウス・プティパは、チャイコフスキーと組んでこの頃に、現在なお愛され続けるクラシック・バレエを確立したのだ。
また、バレエ技術が更に飛躍的に発展する。
この発展した素晴らしい足さばきが良く見えるように今までの長いロマンティック・チュチュは短くなり、現代の衣装のクラシック・チュチュができた。
衣装の変革と足さばきの複雑化があいまって跳躍や回転の見せ場もぐんと増えた。


(近代のバレエには何種類かありますので、簡単にご説明いたします。)
クラシック・バレエ  
 
クラシック・バレエはロシアで飛躍的に発展しました。18世紀に設立された帝室のバレエ学校は、20世紀中葉を迎える頃には世界でもっとも厳格で優秀なバレエ学校として君臨しました。
1957年に同校はアグリッピーナ・ワガノワによっていわゆるワガノワ・メソッドが確立し、バレエ史に名を残す踊り手が次々と誕生したために、学校の名称は、この教師にちなんでワガノワ・バレエ・アカデミーとなります。

かの有名な振り付け家のマリウス・プティパはフランス人ですが19世紀にロシアを訪れて次々と作品を生み出しました。よってあのチャイコフスキー、マリウス・プティパ、そしてこの競争率が50倍と言われたバレエ学校がそろったのですから、クラシックと言ったらロシア、というような確固たる認識が出来あがります。白鳥の湖、眠れる森の美女、などはみんなロシアのお家芸と言われた程です。技術も複雑化し、アンナ・パブロワ、ガリーナ・ウラノワ、ニジンスキー、そして近くはバリシニコフなどのスター達がここから出ています。バレエ史をおさらいしましたが、つまりクラシック・バレエとは、厳格に定められた技法を踏襲して振り付け、踊られるダンス・クラシックのことです。

モダン・バレエ    

ロシアで発展したクラシック・バレエに対抗するかのように同じロシア人によってバレエ・リュスが誕生します。この20世紀初頭に世界最強のバレエ団となった集団の演目は、古代エジプトやギリシアなどに題材を取り、かつてクラシックバレエが思いつきもしなかった斬新でエキゾチックなテーマでパリにセンセーションを巻き起こします。
このバレエ団はパブロワやニジンスキー、マシーン、バランシンなどの素晴らしいダンサーを抱え、音楽はラフマニノフ、リムスキイ・コルサコブやストラビンスキー、ドビュッシー、エリック・サティなど、美術においてはピカソ、マチス、シャガールそして台本はジャン・コクトーが書くという、まさに時代を先取りする大芸術家集団の意欲とエネルギーに溢れていました。
後にまさにこれがモダン・バレエの萌芽となります。(モダン・バレエを通り越してその先のコンテンポラリー・ダンスの素ともなったのだという説もあります)

現在、モダン・バレエというとモーリス・ベジャールやローラン・プティ、フォーサイス、などの作品を指すことが多く、彼らは形式的なバレエを打ち砕き、独自の世界を創造して行きました。
美麗でも技術的制限のあるクラシック・バレエと違い、人間の体を使った最大限の表現と技術を駆使して行くことが根底の理念となっています。


モダン・ダンス

モダン・ダンスと言えば、絶対的な影響力で脳裏に浮かぶのはあの、有名なイサドラ・ダンカン(1878〜1927年)でしょう。
彼女はバレエの稽古は拷問のようだと言い、ポアントや体をしめつける衣装を否定します。もっと自然でもっと人間的なダンスを求め、ギリシャ風のチュニックのような衣装で、裸足で踊りました。これがモダン・ダンスの祖と言われた歴史に残されたほとんど伝説的な最初の踊り手です。
モダン・ダンスはこの後、マーサ・グラハム(1894年〜1991年)を代表とする優れた踊り手達によってアメリカを中心に発展して行きます。その後にグラハム・テクニックに反発するようにして彼女の高弟 マース・カニングハム(1919年〜)などが斬新なテクニックを考案して行きます。

ドラマ性を否定して、更に強烈なエネルギーの発露を求める傾向はコンテンポラリー・ダンスに顕著に見られ、音楽も多種多様になり、ハイテク技術の導入も関連して更に革新、複雑化してきているのが現在です。
こうなるとあまりに今現在に近づき過ぎていて歴史的な判断と考証は難しくなります。


 


copyrights (c) 2005 all rights reserved by Dance-site
   問い合わせ: info@dance-site.com

姉妹サイト ベリーダンス情報サイト