カポエイラの歴史・カポエラ
 
 ダンス メニュー
 トップ
 ダンススクール
 レンタルスタジオ
 ジャンル別検索
 ダンサー
 貸しホール
 ダンスサークル
 大学ダンスサークル
 ダンスチーム
 イベント情報
 ダンス用品・用具
 ダンス音楽(CD)
 ダンスビデオ(DVD)
 ダンス(本)
 ダンスの歴史
 世界のダンス
 DANCE-SITE とは
 インタビュー
 ダンス動画
 ダンサーBBS
 ダンサーBLOG
 ダンス団体
カポエイラの歴史・カポエラ
 カポエイラの歴史

ダンス歴史 ⇒ カポエイラの歴史・カポエラ

カポエイラの歴史

カポエイラの歴史・カポエラ@
16世紀頃、ブラジルではサトウキビを中心とした農業を発展させるための労働力を必要としていました。 当時ブラジルはポルトガルの植民地でした。普通、植民地において労働を強いられる=奴隷になる人間は 現地の人間、いわゆる原住民なのですが、ブラジル(ちなみにブラズィウ、BRASILと言う名前は、当時の代表的な 輸出品目だったパウ・ブラズィウと言う赤い染料になる木から来てます。
インジオ達は 昔から豊富な資源に恵まれ、食料を農作業などによって増やすと言う事、 要するに仕事をほとんどする必要のない生活をしてきていたため、労働の才能が体質的にも欠如していました。
そこでポルトガルは、もともと自分の国や他の植民地に昔から取り入れている事もあって、
アフリカから黒人奴隷を大量にブラジルに送る事にしました。
彼らはインジオと違って働き手として申し分ない働きをする事になります。

そして当時のブラジルの表玄関と言える港町バイーア( サウヴァドール )には奴隷市場
(今のペロウリーニョ広場など)がたてられて人身売買が行われました。
この時、ブラジルには奴隷と共に民族楽器( ビリンバウ の原型 等)や宗教(カンドンブレー)、
料理など様々なアフリカの土着文化が流入する事になりました。

その中に西アフリカの方の黒人奴隷が持ち込んだ土着格闘技があったと言います。
これがカポエィラの源流と言われています。

奴隷達の格闘技

カポエィラと言う言葉の語源はブラジルのインジオの多数を占めるトゥピー グァラニー族の言葉から来ています。 意味はある種の植物の名です。その他にはカポエィラを練習していた場所である林の中にある空き地と言う 単語から来てると言う説もあります。由来に違いがあるのは地方による違いだと思われます。
土着格闘技が由来であったと言われるカポエィラ(と呼ばれるようになったのはいつからかは不明)は やがて奴隷達によってより実戦的に変わって行きます。
カポエイラの歴史・カポエラA
奴隷達は時として支配者から理不尽な暴行を受ける事もあったと言います。

そうした中で自分の身を守るために、奴隷達はカポエィラを身につけるようになりました。
手かせをはめられた状態で闘うと言うイメージはここから始まるわけですが、 実際はどんな闘い方をしていたのかは、今ではわかりません。

しかしそんな奴隷達のカポエィラによる抵抗に対し、支配者達は
「たとえ練習しているところを見つけただけでも即座に処刑する」
と言う制度を持って弾圧しようとしました。しかし奴隷達は実際に処刑による死者を出しながらもカポエィラ
を捨てようとはしませんでした。カポエィラを捨てると言う事は支配に屈服すると言う事です。
当時のカポエィリスタ達にとってカポエィラは単に闘う手段だけでなく、アイデンティティーでもあったわけです。

また、奴隷同士のケンカは見つかったら即、罰を受ける情況
(奴隷イコール商品ですので、商品が勝手に傷つけあうのを嫌がった)だったので、
ケンカに見えないようにケンカをする手段としてカポエィラが生まれた等とも言われてます。
この辺、ブレイクダンスの誕生と微妙に似ています。
ブレイクダンスはカポエィラから生まれた(それはないと思います)と言われるのは、そのためかも知れません。

カモフラージュとしての音楽と踊りの要素

現在、カポエィラにとって音楽と踊りの要素は切り離す事ができなくなっていますが、
これらは奴隷時代にカポエィラを踊りに見せかけて密かに練習するために音楽に合わせて
行ったものが今に受け継がれているためと言われています。

奴隷達にも自由な時間はありました。そういった時、みんなが集まり民族舞踊の練習をしているかのように
音楽を付け、カポエィラの練習をしたと言うわけです。
ちなみにカポエィラの歌の中には童謡みたいなものもたくさんあります。

逃亡奴隷達

もちろん服従に堪えられず、自由を求め逃亡した奴隷達もいました。彼らは キロンボ と言う
共同体を作り、そこで自給自足をし、自由に生活しました。

伝説的指導者、 ズンビ が率いたキロンボである キロンボ・ドス・パウマーレス は、
数十回に渡って政府軍の攻撃をしのぎ、これを破ったと言います。
しかし本腰をいれた政府によって1694年に敗れ去るのですが、この時、逃亡奴隷達は
捕まって自由を奪われる事より崖から飛び降りて全滅する事を選びました。
「自由を奪われるくらいなら死を選ぶ」
このような強烈な意思が奴隷達の中にはあったわけです。
(ただ、実際に政府軍との戦いにカポエィラをフルに使っていたとは思えません。)

したがって奴隷達の反抗手段たりえるカポエィラは長い間、反政府的なものであり続けました。
1864年〜1870年のパラグアイ戦争では兵隊不足のため、黒人奴隷達も正規の部隊として派遣されました。
その中にはもちろんカポエィラ戦士もいたわけですが、近年までのカポエィラの歴史は弾圧の歴史でありました。

逃亡奴隷達

もちろん服従に堪えられず、自由を求め逃亡した奴隷達もいました。彼らは キロンボ と言う
共同体を作り、そこで自給自足をし、自由に生活しました。

伝説的指導者、 ズンビ が率いたキロンボである キロンボ・ドス・パウマーレス は、
数十回に渡って政府軍の攻撃をしのぎ、これを破ったと言います。
しかし本腰をいれた政府によって1694年に敗れ去るのですが、この時、逃亡奴隷達は
捕まって自由を奪われる事より崖から飛び降りて全滅する事を選びました。
「自由を奪われるくらいなら死を選ぶ」
このような強烈な意思が奴隷達の中にはあったわけです。
(ただ、実際に政府軍との戦いにカポエィラをフルに使っていたとは思えません。)

したがって奴隷達の反抗手段たりえるカポエィラは長い間、反政府的なものであり続けました。
1864年〜1870年のパラグアイ戦争では兵隊不足のため、黒人奴隷達も正規の部隊として派遣されました。
その中にはもちろんカポエィラ戦士もいたわけですが、近年までのカポエィラの歴史は弾圧の歴史でありました。
カポエィリスタとは
カポエィラには武道の要素も含まれており、その精神性も未だ生き続けています。
技と共に受け継がれるカポエィラの精神には「死をも恐れずに自由に生きる」という
奴隷達の悲痛の願いが刻まれています。
「カポエィリスタ」とは、心・技・体の全てを要求され、また多くの血を流し伝承し続けてきた先駆者達
への感謝の気持ちを技術と共に次の世代へ伝え、そして今、奴隷制のない時代、この現代社会における カポエィラの役割を考え、実践していく者です。

練習の最初と最後に、右手を胸に当て、前に出しながら(ブラジルサッカー軍団がやってますね)
「Salve(サウヴィ)!」
と言いますが、これは先駆者達への敬礼なのです。
(ちなみにうちのグループ、グルーポ ジ カポエィラ ヘジォナウ テンポではメストゥレ ビンバの弟子であり、 うちの先生、コントゥラ メストゥレトニーの先生であるメストゥレ ヴェフメーリョ27の名前をSalveの後につけます。)

参考文献

全国カポエィラ総合情報サイト

ABC de カポエィラ ド ジャパォン管理人
? http://capoeira-jp.com/
竜太のカポエィラブログ
? http://capoeira.pokebras.jp/
みんなのカポエィラ日記
? http://capoeiratempo.blog121.fc2.com/

 


copyrights (c) 2005 all rights reserved by Dance-site
   問い合わせ: info@dance-site.com

姉妹サイト ベリーダンス情報サイト