フラダンスの歴史
 
 ダンス メニュー
 トップ
 ダンススクール
 レンタルスタジオ
 ジャンル別検索
 ダンサー
 貸しホール
 ダンスサークル
 大学ダンスサークル
 ダンスチーム
 イベント情報
 ダンス用品・用具
 ダンス音楽(CD)
 ダンスビデオ(DVD)
 ダンス(本)
 ダンスの歴史
 世界のダンス
 DANCE-SITE とは
 インタビュー
 ダンス動画
 ダンサーBBS
 ダンサーBLOG
 ダンス団体
フラダンスの歴史
 フラダンスの歴史

ダンス歴史 ⇒ フラダンスの歴史

フラダンスの歴史

”フラ”=ハワイ語でHula、ハワイアンダンスのこと。

世界一美しい踊りと言われるフラ。現在のフラの源流は、1000年前近くからあったと言われる古代フラで、更に、この原点はマルケサス、タヒチ、トンガ、サモア等ポリネシア各地の踊りと共通の起源を持つものと考えられており、これらがハワイに入りハワイの自然観や宗教観の強い影響を受け、ハワイのフラとして独自に育った言われている。

ハワイの伝説・神話によれば、フラを最初に踊ったのはタヒチの酋長の「ラア」とも言われており、また別の言い伝えでは、ラカ(ペレの妹でフラの女神と言われている)が、さらに、 ヒイアカ(同じくペレの妹)が半神のポーポエ(ヒイアカの親友・オヒアレフアの森の精)から教わり踊ったのが起源とも言われている。いずれにしても、神々への礼拝の宗教儀式の際に奉納されたもので、いわゆる古代のフラであった。このなかには限られた男性だけしか踊ることが許されないものもあった。
ハワイの島々は昔、文字がなく、口から口への言い伝え(オーラル トラディショナル)により後世にいろいろの出来事を伝えた。その大きな手段が オリ(Oli 祈り・詩詠、一般的にチャントとも言う)、メレ(Mele 踊りを伴う歌)であり、 フラ(踊り)であつた。神聖な自然に対する信仰がハワイ文化の根底をなしており、多くの宗教的意味を持ち、自然をたたえ、神々に畏敬を捧げ、美しい星、大きな海、綺麗な花になって踊った。また、男も女も求愛の踊りを踊った。

この古代フラの流れを受け継いできたのが、現在、古典フラと呼ばれるカヒコ(Kahiko)で、チャンターが唱えるチャントと打楽器のリズムに合わせて踊るもので、ハワイの自然、神々、王や酋長への賛歌である。

一方、日本で一般的にフラと呼んでいるのは、現代フラ(アウアナ='Auana)で、19世紀後半のカラカウア王政以降に登場、ウクレレやギターの伴奏を従えた新しいスタイルのハワイアンミュージックに合わせ踊るものである。更に、観光的要素も加わり、ハワイ州をあげて力を入れており、今では主流になっている。

従って、カヒコとアウアナでは、歴史の違いによるものが大きく、歌も踊りも歴然と異なっているが、元々のカヒコの詩にアウアナのメロディーを乗せて現代風にアレンジしたものも多い。

 


copyrights (c) 2005 all rights reserved by Dance-site
   問い合わせ: info@dance-site.com

姉妹サイト ベリーダンス情報サイト