世界のダンス
 ダンス メニュー
 トップ
 ダンススクール
 レンタルスタジオ
 ジャンル別検索
 ダンサー
 貸しホール
 ダンスサークル
 大学ダンスサークル
 ダンスチーム
 イベント情報
 ダンス用品・用具
 ダンス音楽(CD)
 ダンスビデオ(DVD)
 ダンス(本)
 ダンスの歴史
 世界のダンス
 DANCE-SITE とは
 インタビュー
 ダンス動画
 ダンサーBBS
 ダンサーBLOG
 ダンス団体
世界のダンス

 世界のダンス


日本

日本舞踊 日本舞踊 (にほんぶよう)は、 Japanese dance の和訳、つまり日本の ダンス の総称である。 舞踊 とは、 坪内逍遥 と 福地源一郎 による造語で、日本の伝統的なダンスである (まい)と (おどり)をくっつけたもの。逍遥の「新楽劇論」( 明治37年 )で使われてから広く用いられるようになった。近年日本舞踊の国際化に伴い欧米諸国やアジアにも Nihon Buyo という呼称が定着しつつある。

お勧めサイト http://www.nihonbuyo-portal.com/
韓国
韓国舞踊 チャンゴチュム(長鼓舞)
農民の祝祭には必ず登場する最も人気のある民族舞踊のひとつです。
伝来の代表的な打楽器であるチャンゴ(長鼓)を肩にかけて打ちながら舞い、祝祭の楽しい雰囲気を一層引き立てます。

三鼓舞

三面の太鼓を女性が打ちながら舞う、力強くも優雅さを秘めた太鼓舞です。

ヒャンバルム(ヒャンバル舞)
両手にヒャンバルというカスタネットのような金属製の楽器を持ち、リズムを打ちながら舞うオリジナル創作舞です。現代的にアレンジした音楽にもご注目ください。
現在のイスラム圏
アラビアンダンス アラビアンダンス・ベリーダンス

歴史はコチラ
インド
インド古典舞踊

第一の流派  カタカリ
南インドのマラバール沿岸に伝わる伝統的な古典舞踊で、カタは踊り、カリは音楽を意味しています。技巧が極度に困難で、身体の各部が独立した動きや表情を要求され、また、日本の歌舞伎のように赤や青などといった原色のメークアップを施し、特に顎の横を紙でひろげ大きな顔につくり、美しく飾った冠をつけて踊ります。

第二の流派 バーラタ・ナッティヤム
南インドのマドラスを中心とした古典舞踊で、四大古典舞踊のうちでは、その起源は最も古く、寺院において神々に奉仕する女性のみにより受け継がれ、人々の前で踊るようなことはまったくありませんでした。一般に人々の前で踊られるようになったのは19世紀も末からのことで、今日の古典舞踊の基礎となり、神々に奉仕する目的から、芸術的表現へと本質的な転換が行われました。バーラタ・ナッティヤムの舞踊形式には種々ありますが、ただ、その内容はやはり宗教的で、主として神話を題材に選び、女性の魅力を舞踊の型の中に表現するものとして広く称賛されています。目・眉・首・胸・腕・足など、身体各部を連続的に動かし叙述所作舞踊として音楽のリズムに合わせ演劇的内容を表現します。

第三の流派  カタック
北インドのラクナウ及びジャイプールを中心として踊り継がれてきたもので、本来はイスラム王朝の王宮で踊られた西アジア系の踊りであったものに、インド古来の舞踊(ヒンズー神話)を加味して新たに作り出され、踊りの各要素の起源や歴史は古いものの、カタックとして総合され盛んに踊られるようになったのは11、12世紀頃からのことで、ムガール朝以後はまったく宗教性を離れ庶民の間に広まって行きました。

第四の流派  マニプリ
東北インド、アッサム地方の民族舞踊から生まれた古典舞踊です。マニプリは元来女性の群舞で、その美しい二重のスカート、優美な手の動きなどによって広く親しまれていますが、技巧的には他の古典舞踊に比べ少し単純です。アッサム地方の住民は日本人同様、蒙古系の人種で、その踊りの動きの中には日本の舞踊と共通した要素も見受けられ、全体に激しい動きがなく、足でステップを踏むような複雑な脚足運動はまったくありません。

その他の古典舞踊といわれるもの
インドは歴史が古く、文化の層に厚みがあり、「インド古典舞踊」といわれるものの解釈の仕方次第では、幾つものインド古典舞踊が今後も増えてゆく可能性を秘めています。多数の民族を抱え、地方で独自に守られてきた多様な伝統舞踊も「インド古典舞踊」で括ってしまえないこともないからです。広く人口に膾炙されていないためその存在を知られていなかった舞踊が脚光を浴びたとき、古典舞踊が生まれるという傾向があり、日本では 「四大古典舞踊」 から現在では 「七大古典舞踊」 と称され始めている事実がこのことを雄弁に物語っています。さらに言えば、インド本国では「四大古典舞踊」とか「七大古典舞踊」といわれる事はありません。単にバーラタ・ナッティヤムという古典舞踊やマニプリという古典舞踊があるというに過ぎないということも記憶にとどめておいて頂きたいものです。

お勧めサイト http://www2u.biglobe.ne.jp/~india/home10.htm

ブラジル
カポエイラ カポエィラとは、単なる武術ではなく、単なる舞踏でもありません。ひとつの蹴りを見てみても、武術的に 見て効果的な面もありながら、さながら踊っているかのような華やかさも兼ね備えています。
その上カポエィラの中には音楽や儀礼、歴史など様々な要素が含まれています。
当地ブラジルでは、単なるサッカーに続くスポーツなだけではなく、もっと大きい存在となっているのです。
ある意味、文化であり生き方であり哲学と言えるカポエィラ。その歴史を下に書いてみます。

歴史はコチラ

全国カポエィラ総合情報サイト

ABC de カポエィラ ド ジャパォン管理人
? http://capoeira-jp.com/
竜太のカポエィラブログ
? http://capoeira.pokebras.jp/
みんなのカポエィラ日記
? http://capoeiratempo.blog121.fc2.com/
ネパール
ネパール ネパール密教舞踊 (チャリヤダンス〜chariya dance〜)
歴史はコチラ
バリ
バリ舞踊 歴史はコチラ

お勧めのサイト http://www.peliatan.com/balerung/
アメリカ(カナダ)
ポールダンス

歴史はコチラ

お勧めのサイト VANILLA POLE DANCE OFFICIAL WEB
            http://www.vanillapoledance.com/

           マイポール(イギリス )
            http://www.mypole.co.uk/ 

           ポールパッション(イギリス)
           http://www.polepassion.co.uk/

           タントラフィットネス(カナダ)
           http://www.vancouverpoledancer.com/index.htm
          

           

 
 
 
 
 
 
 



copyrights (c) 2005 all rights reserved by Dance-site
   問い合わせ: info@dance-site.com

姉妹サイト ベリーダンス情報サイト